2013年05月24日

乾燥肌を起こす原因

肌を乾燥させる原因にはさまざまな要因がありますが、たとえばストレスや睡眠不足、紫外線などのほか、もっとも大きな原因としてあげられるのが年齢的な問題です。これはどんな人でも遅かれ早かれ、程度の差はあっても必ず起きることです。
年齢とともに肌が乾燥しやすくなるのは、肌の持っている水分を抱え込む機能が年齢と共に低下するため。肌のもっとも表面にある角質と角質をつなぎ合わせている、細胞間脂質の主成分であるセラミドが減少することによるものです。セラミドの量は赤ちゃんのときがピークで、そこからどんどん低下するばかりなのです。年齢とともに減り続けるものですから、年齢を重ねれば重ねるほど、肌が乾燥しやすくなるわけです。
セラミドは驚異の水分保持力がありますので、これが多いと少ないとではかなり肌の状態も変わってしまいます。
最近ではセラミドに注目した美容商品も多く出ていますので、そういったものを活用したり、での専門的なケアを行うことでお肌は改善できますよ。

PR|ナチュラルな目元こそまつエク技術の見せ所
posted by ありえる at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。