2014年01月18日

エステに男女の区切りなし

最近はメンズエステというものもだいぶ一般的になってきましたね。
結婚式前に全身のケアを行うことが目的の、ブライダルエステというものも、最近は新婦だけではなく新郎が行うことも多いのだと聞いています。そのうちそれが、当たり前のことになる日も近いのかもしれません。
エステというと美容を気にする人が行う、ちょっと贅沢なものという印象を持っている人も多いと思います。けれど実質問題として、自宅で自分でするケアにはやはり限界があるので、そういった自分に出来ないことを補うためのものとして利用するのは、効率のよい手段のようにも感じます。
男性はとくに普段から手入れをするのに慣れていないので、そういった面ではエステを利用するに相応しい客のような気もしますね。
脱毛だったり痩身だったり、フェイシャルケアであったり。エステでできることは幾つかありますが、それを全て美容のためと区切ってしまうのは、あまりしっくりきません。身だしなみを整えるために、相手に良いイメージを持ってもらえるように。エステはそう敷居の高いものではなく、そういった身近な存在なのかもしれません。
自身を高めること、そこに男女の違いはないのですから、メンズエステの需要の拡大と発展も、当然のことなのだと今は思っています。

PR|マルゲリータの壁一面の本棚
posted by ありえる at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。